いーさんのノート:2冊目

アメリカ在住の通称いーさんが洋ゲーネタや日記をまとめるブログ……のつもりが殆どDestiny専門に。昔はアサクリスレで「E3の人」やら「アメリカの人」と呼ばれていました。 名前の由来は同僚とゲーム展示会のE3です。 e3noteの名でEAA!!でも執筆しています。

DeeJが7/7(日本時間で7/8)に新情報解禁を告知。


DeeJが7/8 (日本時間7/8) にガーディアン一周年記念についての新情報解禁を告知。
7/7はバンジーが07年から記念日として毎年イベントを開いており、E3でも7/7に新情報を解禁すると言っていたので改めて明言した形になりました。

【インタビュー意訳】タイタンは弱体化せえへんでー!(山崎邦正の声で。

2ちゃんまとめ系を読んでいたらインタビューを誤訳どころか「タイタン弱体化」という嘘レスを拡散させている記事があり、Twitterで真に受けた方々がいたので訂正がてら意訳しました。
このインタビューは将来の展望も語ってあるので中々聴き応えがありました。
意訳ですので正確な翻訳ではない点、そもそも筆者が間違えている可能性もあるのでご了承下さい。



  • E3でどんな発表をしたかを説明してください。

ルーク: TTK「降り立ちし邪神」はデスティニー初の大型拡張DLCなんだ。 クロタの父親のオリックスがTaken テイクンという軍を引き連れて迫ってくる。新たなる脅威に対向するためにガーディアンには新たなクラスを用意した。 舞台はドレッドノートという戦艦で、そこはパトロールエリアであり、ストライク、レイドもそこで行われる。今までで最大のコンテンツを含んだDLCさ。

  • それではもっと深く質問していきます。まずは新レイドがあるんですね?

ルーク:その通り! 6人用レイドで舞台はドレッドノートだ。

  • クルーシブルについてです。コミュニティではオブジェクトルールが熱望されていましたが新ルールがありますよね?

ルーク:「リフト」という6対のオブジェクトルールを追加した。プレイヤーはスパークという爆弾を賭けて争い、スパークを拾ったらリフトという相手側のゴールにダンクをするんだ。

  • 旧世代機での開発はまだ続けていますか? 旧世代機がある事で開発の難度が上がっていると思いますがどうでしょう? 例えば倉庫の拡張とか。

ルーク:旧世代機にも素晴らしいコミュニティがあるから勿論続けている。倉庫に改善の余地があるのも理解している。ただ、なんでもかんでも詰め込める倉庫は作りたくない。そしてそれに対する解決策も用意してあるが今はまだ発表の段階ではない。

  • 例えばですが、クロタを倒すことで手に入る「グローフー」シェーダーを一度入手したら売店で買い直せる様に出来たりしますか?

ルーク:つまり限定品のせいでインベントリが圧迫されてしまう事を指摘しているのだと思うが、グローフーに限らずその手のものが邪魔になってくるという点は同意する。自分もこのゲームをずっとプレイしているからよく分かる。 インベントリが窮屈な点は改良したい。

-それは良かったです。今度は武器バランスについてお聞かせ下さい。どの武器もバランスが取れていると思いますが、以前ならスロス、今だとトルンが頭一つ飛び抜けている点は修正する予定があるのでしょうか?

ルーク:我々は武器の使用率を常に監視している。出荷当時オートライフルは誰もが使っていたが今は殆ど使われていない。今はエキゾのハンドキャノンが人気だがその点も考慮している。我々は常にどの武器にも強みがあるようにバランスを取りたい。

  • けれどもホークムーンやトルン等の使用感を変えるわけではないですよね?

ルーク: 君はホークムーンが好きなようだが私はラストワードが好きなんだ。ラストワードはアニメーションが美しく使っていて楽しい。ただ少し他の武器よりキルまでが早いかな。  武器の調整時は決して威力を上げ過ぎたりせず、使っていて楽しめるように気を付けている。

  • TTKにトロフィーや実績は追加されますか?

ルーク:今はまだ話せないが、それらを楽しみにしている人がいることは知っているので追加したい。

  • クルーシブルでプライベートマッチの実装を検討していますか? 

 ルーク:E3では新ルールのリフトとメイヘムを発表したが、プライベートマッチについて話せることはない。ただ、いつかは発表したい。(筆者が感じたニュアンスだとまだまだ無さそうな雰囲気。)

  • コレクターズ・エディション限定のコンテンツを他に入手する手段はありますか? (バンジーが方針転換する前のインタビューなのでここの項目はカットします。追加エモートはこの内容とEurogamerでのインタビューから推測すると煽り系のエモートみたい。)
  • DLC1ではエリスを追加し彼女を起点にしてストーリーを展開するなど、本体とはストーリーの流れが変わりましたが、どの様に変わっていったのでしょうか? ファンからの意見を参考にしたり?

ルーク:DLC1ではエリスやオムニガル等の主要キャラクターを追加していったが、DLC2も同じだ。バンジーの方針はキャラクターに主眼を置いたストーリー展開だ。各キャラクターに音声を追加して世界を広げていきプレイヤーを興奮させたい。

  •   チェックポイントについての考えをお聞かせ下さい。

ルーク:どういうこと?

  •  例えばレイドやアリーナを進めているところ、ある人がボスやスコラス戦のみに参加するズルや、ひいてはグリッチやバグを利用した人物をオシリスに参加出来なくさせた点です。

ルーク:アリーナについてなら。 今週もアリーナにパッチを配信したりなど常にゲームを改善している。スコラスが以前より手強くなり手応えが増したはず。プレイヤーには楽しく且つ正しく遊んでもらいたい。

  • 遊び方をプレイヤーに強要することなく?

 ルーク:強制するということはプレイヤーの独創性を損ねるということだ。例えば月レイドでは橋を作らずとも渡る方法が生み出された。ああいうのをもっと見たい。プレイヤー達ならバンジーの想像以上の独創的な遊び方を生み出せるはずだ。

  • この質問には答えたくないでしょうけれど、ガラスの間にはまだ隠された宝箱はありますか?

ルーク:絶対にそれには答えないよ(笑)コミュニティは仮説や検証で盛り上がっている。コミュニティがとても大きいからこそだ。そんな中で質問に答えて水を差したくはないよ。

  • 狼DLCでフェイト・オブ・オール・フールズと347 ヴェスタは手に入りますか?

ルーク:それらはデータにはあるが入手は出来ない。

  • せっかく3クラスあるのに3キャラ同クラスで装備を使いまわすプレイヤーについて何か言いたいことありますか?

ルーク:その点については凄く語りたい事があるんだ。でも今は言えない。年末に明かせるはずだ。

  • グリモアカードをゲーム内で閲覧出来るようになりますか?
ルーク:グリモアにはまだまだ可能性があるが、今はそれよりTTKの方が優先だ。

  • 最後に、コミュニティへのコメントをお願いします。

ルーク:君たちは時に手厳しいけれど愛してるよ。 我々は常にフィードバックを求めているし、どんな意見にも耳を傾け目を通している。君達が気付かなくても我々も一緒にプレイしている。このゲームを大切にしているからもっと意見を聞かせてほしい。



こんな感じにDestinyやゲームネタを拾っていこうと思いますので応援宜しくお願いします。
ルーク・スミスではありませんが、こうした方が文章が読みやすいなどのコメントなども待っていますw

ブログ始めました

久しぶりにブログを作りました。
ゲーム、特にDestinyネタを拾っていきつつ気ままに書いていこうかと。
ブログデザイン等はこれからゆっくりいじっていきます。
記事検索
最新コメント
こちらから買い物して頂けると記事作成の励みになります
宜しければポチッとお願いします!
Quantcast
  • ライブドアブログ