いーさんのノート:2冊目

アメリカ在住の通称いーさんが洋ゲーネタや日記をまとめるブログ……のつもりが殆どDestiny専門に。昔はアサクリスレで「E3の人」やら「アメリカの人」と呼ばれていました。 名前の由来は同僚とゲーム展示会のE3です。 e3noteの名でEAA!!でも執筆しています。

2015年08月

#StarWars #SWBF Twitter公式垢が近日中に新しいゲームプレイの公開を示唆。


Twitter公式アカウントが新しいゲームプレイの公開を予告しています。


11月19日に発売予定のスターウォーズ:バトルフロントですがクローズドアルファが行われておりそのプレイ動画はこちら。

あー早くやりたいんじゃ〜〜
今年は絶対にSWBFが覇者になる。

提供元:  EAStarWars  Linus Neuman

#Destiny 日本PlayStation公式が「降り立ちし邪神」シネマティックトレイラーの日本語版を公開。

Gamescomで公開された「降り立ちし邪神」のシネマティックトレイラーの日本語版が公開されました。


いつもならバンジーが予告動画を公開するとSCEJがすぐに日本語吹き替え版を公開し、何度も作成した動画を台無しにされた記憶があるのですが、今回は約3週間も空きがありましたね。
Destinyの翻訳担当チームは個人的にとてもレベルが高い仕事をすると思っているので実は結構翻訳動画や日本語版を見るのが楽しみです。

この動画が公開されたということは"We Are Guardians"の吹き替え版も近々出るかな。

提供元PlayStation Japan destinygame


#MGSV むしろプレミア化? 限定版PS4本体の刻印にミススペルが発覚。


ゲーム本編になんら関係はありませんが、限定版PS4本体の刻印で単語のスペルを間違えるというミスが発覚しました。


上の画像の右側の3行目にMOLYBDEUMという単語があります。
これは原子番号42のモリブデンという元素名だそうですが、本来ならMOLYBDEUMではなくMOLYBDENUMとなります。
完璧にスペルミス、所謂タイポです。

しかし、この間違いを将来コナミが修正するとしたらこの本体の希少価値がより高くなったのかもしれません。
今までもこういったミスがあった商品は後日プレミア化しています。
デザインがかっこいい、アジア、欧州でしか販売されていない、そしてシリーズ最終作の今作の限定版PS4でこの手のミスは従来の物より人気が出るかもしれません。

なおリンク先には他にも様々な角度から撮影した限定版PS4の画像があります。
http://neogaf.com/forum/showpost.php?p=176882957&postcount=577

北米版が販売されていたら絶対に買っていたのに…

提供元: NeoGAF

#Destiny 新レイド"Kings Fall"は初日から解禁はされない。エキゾ留年組はそのうち進級するがギャラルだけは留年。その他IGNとのインタビューから分かったことまとめ。


IGNが現在シアトルで開催されているPAX Primeでバンジー含め各社とインタビューを行っています。
今回もルークとマークがインタビューに答えています。 DeeJどうした?

新設されたYouTubeのゲーム配信サービスYouTube Gamingの中で行われた生配信インタビューで、執筆時点ではアーカイブ化されておらず再生時間指定は出来ませんでした。
動画の中では幾つか新情報や既存の情報の補足がありましたので纏めました。




  • レベル上限に経験値だけで達せるようになったので、新規や光レベル制が気に入らなくて辞めた人達が参加するにもいい機会と願っている。

  • 新規はレベル1から1年目コンテンツを楽しむのもいいし、購入と同時に贈呈されるアイテムで一気にレベル25にあげてフレンドと一緒に降り立ちし邪神コンテンツを楽しむのもあり。 レベル25に一気に上げた際は装備一式も配布される。

  • 1年目コンテンツのボスはHPが高すぎたせいで皆の選択肢がギャラルで固定されてしまった。我々がエキゾに抱いていた理想は状況によって使い分ける適材適所な装備だった。

  • 以前もハッキリさせたがギャラルホルンに2年目版はない。他の留年組は2年目配信直後は進級されないが後々に増やしていく。


  • 倉庫の容量は増やしたがいずれまた上限に達するだろうとは予測している。シェーダーやエンブレムの特殊端末はその為の補助だが倉庫が十分だとは思っていない。


  • 銃器技師のランクを1まで上げると任意のレジェンダリー武器を予約し、Armsdayの水曜日に入手出来る。 ランクが3まで上がると選択肢が増える。


  • オシリスの試練については今は話せないがアイアンバナーは2年目装備が用意されている。まだお披露目していないと思う(しています)


  • ギャラルが人気だった理由にその威力の高さと見た目の良さがある。2年目エキゾはそのどちらも満たせているように設計した。

  •  たとえば新しいエキゾARはAK-47の様な見た目で銃弾が命中すると雷撃が連鎖する。名前はZalos Supercellだったかな? (あれ? ウコンはじゃあ何?)



  • SCが通常より3〜4倍早く溜まる新PvPルールの「カオス」を導入したのは新しいサブクラスに慣れてもらうためだ。

  • NFや週刊の仕様を大幅に変えたのはプレイヤーへのプレッシャーを緩和するためだ。特にNFは更新後に真っ先にいかないと経験値増加バフの恩恵を最大限に浴びられないので、プレイヤーにNFに行かないと他のコンテンツには一切行けないというプレッシャーを生み出していた。


  • NFも週刊も様変わりしたが、NFの報酬は変わらないし、週刊は廃止してもコインは今まで以上にドロップしやすくもなり、光のカケラ5個でコイン5枚と交換出来るようにもした


  • シュールは今まで通り毎週金曜日にタワーを訪問するしエキゾ武器も販売する。そして今後はエキゾドロップ率を上昇させるアイテムを販売する。 ドロップ率を上昇するので確実にエキゾが手に入るわけではないがそれでもテストプレイではハッキリと目に見えるほどに入手率が上がった。


  • 過去最大規模の新レイド”Kings Fall”は「降り立ちし邪神」配信直後はプレイできない。いつ解禁されるかは後日発表する。


Q. 2年目で一番お気に入りの武器は? 
  • マ:厳密には武器といえるか分からないけれどタイタンのサンハンマー。 
  • ル:まだ一度しかこの名前を公にしていないけれどTouch of Maliceというエキゾだ。 これは今まで自分が作ってきたエキゾの中で最も気に入っている。 
  • マ:ルークの夢を形にしたエキゾだ。毎年ルークはこういう夢を形にしたアイデアを作る。

以上がインタビューの内容です。
ギャラルが2年目版は用意されないとウィークリーアップデートで明かされた後に、留年組も随時進級していくという新情報が出たのでギャラルも進級かと思いましたが、改めてギャラルだけは留年と確定しました。

インタビューでオシリスに触れられた際に今は詳細を明かせないと念入りに言っていたのですが何か新要素でも追加されるのでしょうか。
GIとのインタビューでもオシリスについてはニュアンスがどうとも取れる言い方をしていました。


新レイドは配信直後に解禁するかしないかは長い間謎でしたが「配信直後は解禁しない」と明かされました。 ちょうど1年前のガラスの間の様に1週間ほど置いてから解禁でしょうか。
自分としてはその方が他の新コンテンツを楽しめるのでありがたい話ですし、日本の17日組も指を咥えて眺めなくても済みますね。

最後にルークが口にしたTouch of Maliceですが、これは昨日のPAXでファンがギャラルのシャツを着ており、それに対してルークが「来年はMaliceのシャツはどう?」と口にしていました。
ルークの最もお気に入りの装備に挙げられるほどですから、2年目を象徴するエキゾの一つになるのは間違いないようです。

提供元IGN YouTube Gaming Channel

#Destiny ルークに続きマークも2.0配信でUIの変更とゴーストの声優変更を明言。


マークがTwitterで2.0の配信と同時にUIの変更とゴーストの声優変更を明言しています。


1年目コンテンツのクエスト化、ゴーストの声優変更は9/8の2.0アップデートで実装される。


今月の頭にルーク・スミスも2.0でクエスト化、新ゴースト、レベル上限の上昇が実装されると明言しています。



謎なのは、レベル上限の引き上げの点についてはマークは触れていません。これは2.0で引き上げることは確定しているから何も言わないだけなのか、単に入れ忘れているだけなのか。

以前エキゾの設計図も2.0で配信されると言っていたので、保管庫の容量増加も9/8に来るでしょう。
#Destiny 現在所有しているエキゾの設計図は2.0配信と同時に配布配信前に分解すると端末から手に入らないので注意ということはシェーダー類もか

もし2.0でレベル上限が引き上げられなくても、新UIが実装されることでバウンティを16個まで溜められるようになるので、既に5000バウンティを10個貯めている人も、追加で6個貯められるようになります。

提供元Mark Noseworthy,  Luke Smith
記事検索
最新コメント
こちらから買い物して頂けると記事作成の励みになります
宜しければポチッとお願いします!
Quantcast
  • ライブドアブログ