会場でも使われていましたが公式ヘッドセットだそうで、配信でも確認出来るBF1仕様のカバーが出るみたいです。


EAPlayに会社としてではなく個人として参加し、計2回バトルフィールド1をそれぞれ戦車と歩兵でプレイしたので今回は歩兵についてレポートします。 
写真、動画は一切の撮影が禁止されていたので、プレイ動画は公式配信動画を参照して下さい。 Watch live video from EA on www.twitch.tv

BF1の各クラス: BF4, BFH以上にクラスの特性が極端に!
BF1では開発者が武器の性能にメリハリをもたせクラスの差を今までより強調すると発言していましたが、体感してみるとその極端なまでの差に驚きを隠せませんでした。
突撃兵は近距離特化(AR)にビークル破壊ガジェットの塊、看護兵は中距離特化(DMR)で回復蘇生役、援護兵は近〜中距離特化(SGとLMG)、偵察兵は当然遠距離特化です。
最も驚いたのは、今回の偵察兵は他の歩兵より移動速度が体感出来るレベルで遅いです。 走った時にパッドが壊れているのではという錯覚までしました。 こういう所でもクラス毎のキャラ付けがされているようです。



銃の操作感:BFHとSWBFが混ざった感覚

BF1の銃は音のせいなのかはたまた実際にそう設計しているのかはわかりませんが、撃っている感覚がBF4よりBFHに似ていました。
同時に胴撃ちの時はレティクルがSWBFの3人称ADS時の様な◯だったせいかSWBFらしさも感じました。BF4らしさはピストルを撃っている時だけ感じた位です。看護兵のDMRでは見た目が似ているせいかFallout4のコンバットライフルを撃っている錯覚まで。
銃の反動は慣れないXboxOneコントローラーだったので制御が難しく感じましたが、慣れたDS4、もしくはマウスなら変わる気はします。
サイトがアイアンサイトしかなく見辛かったのというのにも拍車を掛けられました。

03 AM


歴代作品みたいにスコープが付くのかはカスタマイズ画面が実装されていなかったので不明です。

銃の種類は多かったのですが、よく見ると同じ武器だけれどマガジンの位置が違ったり細部が違うだけという若干水増し感がありました。 確か突撃兵は数えられた分では18近くありましたがそのうちの大半は非表示で、選択できた武器も殆どはダブっているものでした。 
色々試してみましたが把握しきれなかったのでまたEAPlayに行ったら確認してみます。



ガジェット:突撃兵と看護兵が特に重要
看護兵、援護兵、偵察兵は今までのBF4、BFHと殆どガジェットの役回りは変わっていませんでしたが、突撃兵のガジェットは全てのビークルへの対抗手段が用意されているのでコンクエストの様なビークルありルールでは重要です。
31 AM

突撃兵が持っている対戦車手榴弾は直撃させるとたった一発で84もダメージが入り、後は機銃や固定砲台などですぐにトドメを刺せます。一つ前の記事で戦車無双をしたと書きましたが、今回の戦車は分隊で運用されると手も足も出ずに虐殺されかねないので早めに潰せる手段を持つ突撃兵はやはり重要度が頭一つ抜けています。 



近接戦闘:BFHから引き続き接近戦も登場
BF1が舞台の第一次世界大戦では近接戦闘も重要だったとの事からBFHの様に近接武器も用意されています。
α版ではマシェットとシャベルが用意されていました。 マシェットは正面から斬り付けると60ダメージが入り、どちらも背後から忍び寄った場合は確殺モーションが入ります。BF4に比べると少しだけモーション開始からキルまでの時間が早くなった様な気がします。
そしてこの近接戦闘にBF1らしさを付け足した新たなアクションが次に紹介する銃剣突撃です。



銃剣突撃:全力で走りぬき相手を串刺しにせよ!達成時の爽快感はたまらないがリスクもあり! 
BF1に新たに登場したアクション「銃剣突撃」は銃剣が付いた銃を装備している時にダッシュしながら近接を押すと発動し、笛や雄叫びを上げながらダッシュ以上の速さで駆け抜け、レティクルを相手に合わせて近づくと銃剣を相手に突き刺して殺せます。
38 AM
39 AM
41 AM
40 AM 1


実際に使用しているシーンは39秒から。


突撃を始めると画面中央に丸いゲージが現れそれが尽きるまでは高速移動が出来、突撃中は正面だけでなく曲がったりも出来ます。
突撃中は壁が崩壊しているけれど足元にはまだ低い壁があるようなところでは引っかかってしまいますが、開閉できるドアが閉まっていようとも突き破って進めるので、相手がドアを閉めて逃げたとしても迷わず突っ込んで下さい。
銃剣突撃を発動して相手を追い詰め串刺しからのフィニッシュムーブを見終えた時の達成感と爽快感は今までのBFシリーズにはなかったものがありますこれは是非皆さんにも体験してもらいたいと強く思いました。
但し、この銃剣突撃にはリスクが2つ存在します。
1つ目は、突撃中に相手が正面を向いてタイミング良く近接攻撃を繰り出すとカウンターが発動し返り討ちにされるとゲーム開始前の解説動画で披露されていました。BF4の正面近接からのカウンターですね。実際に試すには相手に突撃される必要があるのですが一度もされなかったので確認は出来ず。
2つ目はもっと分かりやすくリスクが大きいです。銃剣突撃後はしばらくダッシュが出来なくなります! 使い所を誤ると息切れしたところを狙い撃ちされ走って逃げる事も出来なくなります。 息切れ後も銃を撃つことは出来るので全く戦えないというわけではありません。 
銃剣突撃は解説動画では相手との距離を一気に詰めるのに有効と書かれていましたが、それ以上に相手から逃げるのに使える気がしました。



以上、10分という限られた時間の中でしたが歩兵を使って感じた事のレポートでした。


※EAPlay開催中にもう一度プレイしに行こうと思っているので気になる点や調べてほしいことがあればコメントを残して下さい。可能な限り確認してきます。