frontpage_template






今回の配信でプライベートマッチの実装が明かされました。
Destiny 遂に実装されたプライベートマッチの詳細ページ公開!



そこで一体プライベートマッチでは何が出来て何が出来ず、どのような仕組みなのかという点を、Bungie公式とGame Informerの記事から纏めました。
http://www.gameinformer.com/b/features/archive/2016/08/16/everything-you-need-to-know-about-destinys-private-matches-67432.aspx
https://www.bungie.net/ja/Help/Troubleshoot?oid=45079




プライベートマッチと通常PvPの違いとは?:
  • プライベートマッチはオービットでメンバーが集合した後にリーダーがゲームタイプ、マップ、スコア上限、時間制限、光レベル制、時間帯、乗り物の有無などのゲーム設定を選択できる。



プライベートマッチ作成の目的は?:
  • 今まででは出来なかった新しい可能性をコミュニティに提唱。
  • 4:4でサバイバルや、1:6で隠れんぼなど可能性は無限大にあり、開発もコミュニティが一体どのような新しい遊び方を見せてくれるか期待している。




設定できる項目の詳細:
  • ゲームタイプ:アイアンバナー、オシリスの試練、SRL、真紅ダブルを除くインフェルノとカオスと新ゲームタイプの「闘魂(Supremacy)」も含む全てのゲームタイプ。セクター618とイカロスはPS4限定。
  • マップ:鉄の章で登場する新マップと今まで登場した全てのマップを含む31種。
  • スコア上限:闘魂ではデフォルトが150で、下から25、50、100、150、200、300を確認。 サバイバルのラウンド形式は勝利までのラウンド数を設定。
  • 制限時間:闘魂ではデフォルトが10分で、下から5分、7分、10分、12分、15分、30分を確認。サバイバルのラウンド形式はラウンド毎の制限時間を設定。
  • 光レベル:光レベル制の有無。
  • 時間帯:選択可能なマップでは昼夜の変更が可能。
  • 乗り物:選択可能なマップでのみ変更可能。ターレットやスパローには影響しない。



設定できない項目は?:
  • 特殊やヘビーのドロップレート、武器種の縛りなど。
  • サバイバル形式では勝利ラウンド数をどう設定しても必ず3ラウンドの勝利後にヘビーが出る。 



非公式トーナメントを開催できるか?:
  • 招待者限定のマッチを作成できるので可能。 
  • プライベートマッチにトーナメント作成機能はないが、外部サイトなどを使えば十分に開催出来るだろう。 



プライベートマッチの人数制限は?:
  • ランブルは上限6人まで。 
  • 他のルールは最大で6:6の12人まで。 
  • 自分のみが参加してマップの探検や散策も可能。 




チーム変更:
  • ロビーではL1かR1かで即座にチーム移動可能。
  • マッチ内ではタッチパッドから選択可能。 ただし両チームが6人ずつおり、且つチーム移動を両チームの移動するメンバーが同時に実施する必要あり。
  • チーム移動時は即座に死亡してそれまでの獲得ポイントを失うが、チームのトータルスコアは減らない。 



ボイスチャンネル:
  • プライベートマッチ内ではボイスチャンネルをチーム全体かFT限定に変更出来る。
  • ロビーでは全員がVCを共有出来る。
  • ロビーではFT限定とチーム全体に設定している人同士では会話できない。



ルールとマップと乗り物の組み合わせ:
  • 通常PvPでは除外されているスカイショックでサバイバルといったルールとマップの組み合わせも可能。
  • スパローやパイクといった乗り物は元から利用可能なマップでのみ選択可能。 例:スカイショックは可能でパンテオンは不可。



プライベートマッチへの途中参加:
  • 可能。 
  • プライベートマッチ開始後にパーティを招待限定に設定も可能。



クランの影響:
  • プライベートマッチを作成したクランの名前がロビーの左上に表示される。
  • プライベートマッチの作成にクランに加入する必要はなし。
  • クランの新機能は現在開発中。



プライベートマッチで得られる報酬と得られない報酬:
  • レジェンダリー、エキゾチックはプライベートマッチではドロップしない。レア装備のみドロップする。
  • コインの3を使っていてもドロップしない代わりに効果を消費もしない。 
  • 武器経験値、日刊バウンティ、グリマー、テスト武器の進行、評価は取得可能。
  • クエスト、レコードブック、週間バウンティは進行不可。
  • 評価は1戦で30。 クラスアイテムのクルーシブル評価上昇効果は適用される。ブースターは適用されない。
  • 配信ではグリモアの取得も確認。



プライベートマッチに参加するには鉄の章は必要か?
  • 不要。 
  • PS4かXbox OneでDestinyさえ持っていれば参加可能。
  • 闘魂のみ鉄の章が必須。 
  • 新マップも鉄の章が必須。 


     
以上が待望のプライベートマッチの詳細です。Bungieは製品版では仕様が変わる可能性があると明記しているのでもしかしたら変更点があるかもしれません。



てっきりブーストを付けてサバイバルを1ラウンドで終わるようにすれば超高速ランク上げ周回が出来るのではと目論んでいましたが、そこまで都合良くは行かないようです。
それでもマッチングに掛かる時間がないのですから効率は良さそうな気もします。 でもランク上げ目的は間違いなく飽きる。
自分はこのプライベートマッチで色々とスクショや動画を撮りたいですね。 



プライベートマッチによりAotT主催スカミ大会やおいたんの試練といった非公式大会も運営がよりスムーズになりそうです。
ちなみに第6回 AotT主催スカミ大会はまだ参加受付中ですよ。
Destiny 【告知】第6回 AotT主催スカーミッシュ選手権大会



プライベートマッチの実装によりDestinyのEスポーツ化の兆しも見えています。
プロゲーミングリーグのMLGが既に賞金は合わせて10万円にもなるDestinyの大会の開催を告知しています。
https://gamebattles.majorleaguegaming.com/news/2704-Destiny-Private-Lobbies 
MLGが参戦により海外PvPコミュニティは盛り上がりと同時に荒れていますが、それについては別の記事で纏めます。



参照元:Game Informer Bungie MLG