TSWgfrL







Game Informerがエキゾ版フヴォストフと新しいエキゾチックサイドアームTrespasserの実プレイ動画を公開しています。

 


エキゾ版フヴォストフ:
最初はドクトリンと同じ超高レートの900rpmで使用。
精密ダメージ、ダメージ減衰などもドクトリンと同じですね。 
見た目はフヴォストフなのにレートを変えていることで銃声が違うことに違和感。

34 PM


 
今度はスロス・レジームなどと同じ威力とレートの450rpmで。
こちらは従来のフヴォストフの銃声が聞こえるのでなにか安心感のようなものまであります。

48 PM

 

フヴォストフについてはこれらも参照してください。
誰もが手にしたフヴォストフがエキゾとなって復活! ドクトリンでもありスロスレジームでもある!そのカスタマイズの幅は100通り以上!  

エキゾ版フヴォストフの入手方法が判明! 初代フヴォストフ持ちは鉄の章まで大切に保管しよう
 



三点バースト式エキゾサイドアームTrespasser

TSWgfrL



Bungieが配信で「三点バースト式のサイドアーム」と語ったTresspasserも上記の動画で使用されています。
パッと見た感じですがこれはラスワ以上のキルタイムを誇る様に見えます。

57 PM



1トリガーで精密が最大38*3、胴体が30*3なので、全弾精密なら2トリガー、全弾胴体でも3トリガーでキルできます。
もし2トリガーでキル出来たなら前述の通りラスワを超えるキルタイムを出せるはずです。


 
しかし、このサイドアームには欠点も見られます。 
まずは威力減衰が非常に早い点です。
上の画像を見て頂いても分かる通り、この距離ですら精密が37と38でブレています。つまり距離減衰が入っています。
以下の画像の距離ではより強く減衰されています。

33 PM

10 PM



適正距離だと胴体30がこの距離の時点ですでに25まで減少されています。
25なら3トリガー全弾当てればキル出来ますが、これよりちょっと離れると4トリガー必須になりそうです。
そうなると今度はもう一つの欠点のマガジン数の少なさが関与してきます。

19 PM



Trespasserは1マガジン18発のようなので4トリガーだと12発消耗し次の相手は全弾精密でもしないかぎりは1マガジンで2人倒せません。
そう考えるとなかなかスキルが要求される代わりに報酬も大きいよく練られた武器の様にも思えます。
サイドアームの特性上、弾薬は死亡する度に補充されるので人気武器の一角になるのではないでしょうか。



それとキル後にリロードするとUnrepentantという詳細不明の新パークが5秒間発動し、TrespasserのTの部分が赤く発光します。
おそらくはエキゾパークと推測しますが一体どのような効果でしょうね。

42 PM



GameInformerが公開した鉄の章新情報は「鉄の章GI」というカテゴリに登録します。新情報が豊富なので順を追って更新していくのでカテゴリから御覧ください。
日本語名は公式サイトで明かされている部分はそのまま引用していますが、それ以外は全部想像なので非公式という点はご了承下さい。
 


参照元:YouTube