いーさんのノート:2冊目

アメリカ在住の通称いーさんが洋ゲーネタや日記をまとめるブログ……のつもりが殆どDestiny専門に。昔はアサクリスレで「E3の人」やら「アメリカの人」と呼ばれていました。 名前の由来は同僚とゲーム展示会のE3です。 e3noteの名でEAA!!でも執筆しています。

DeeJやBungieのスタッフ

Destiny: あんま〜い、Bungieも演出協力したDestinyでプロポーズ!

147708435213







死者の祭りの開催が告知された『Destiny (デスティニー)』で、Bungieが全面協力したあるカップルのプロポーズが行われました。

 
続きを読む

#Destiny E3でBungieの人達と直接会ってフレンドになった件

_DSC6249



鉄十字の騎士―騎士十字章の栄誉を担った勇者たち
ゴードン ウィリアムソン
大日本絵画
1995-06





以前、Bungieの中の人DanとTwitterで相互フォローになり面白いツイートが出来ました。


そんな縁からE3で会おうという話になり実際に会ってきました!

_DSC6249

元々はDanとだけ会うつもりだったのですが、Danが気前よく他のBungieのデザイナーJacobとJamesも連れて来てくれました。 上の写真は左からJacob、James、Dan。

DanはDestinyの世界の設計を、Jacobは公開イベントやクエストなど、Jamesはレイドなどの統括を手かげているとのことでした。



Danが予め二人に自分が日本のガーディアン向けにブログを書いていると説明してくれていたようで、挨拶を交わしてすぐにJacobが日本ではDestinyにはどうなのか尋ねてきました。

12 AM
 

これはスタッフに直接意見を伝えられる良い機会なので、人は増えたり減ったりして減少気味だけれどRoIでまた戻ってくるだろう、それより日本勢はDestinyのコミュニティから疎外されている感じがあるなど忌憚なく伝えました。

彼らはデザイナーなのでこの様な事を伝えるのは筋違いでしたが、Jacobは直接ユーザーからフィードバックを得られる機会をとても大切と聞き入ってくれました。いつかDeeJやCozmoらコミュニティチームに意見が届いてくれるといいですね。

Destinyは世界共通で新コンテンツが来ると復帰勢で溢れ、しばらく経つと離れ、次のコンテンツでまた帰ってくるというサイクルがありますが、Bungie内部でもそういう認識だそうです。



色々話した後今度は3人がそれぞれどういう仕事をしながら開発しているのかいろいろ教えてくれました。

ワールドデザイナーのDanはドレッドノートを手掛けたので消える足場なども彼の作品です。もしアレに苦しめられた思い出がある人はDanに恨みをぶつけましょう。デス=Deathの報復が待っています。

23 AM

 

Jacobは公開イベントを開発した人なので、TTK前は毎日公開イベントをやったよと言うと「ポストマスターをパッケージで埋めた?笑」とすぐに理解してくれました。自分が頑張ったものを実際に作った人に分かってもらえると嬉しいですね。

 

Jamesはレイドの統括をしている偉い人で、レイド開発中に苦労した事はと聞くと、自分がレイドに手を出すことはないけれど部下によく怒鳴られると上役の苦労を語ってくれました笑

11 AM



せっかくなので鉄の章についても色々尋ねてみました。特に前世代機を切ったことで倉庫やマップが広くなったりするのかとちょっと触れてみましたが、詳しくは語れないが変化の大きさにはきっと満足してもらえると自信があるようでした。
 


それとJacobに公開イベントではパッケージが出なくなったが復活しないのかと尋ねると調整中と明かしてくれました。 現在も開発中なのでどういう形になるかは不明だが調整中なのは間違いないよとのこと。少なくとも鉄の章では新たな公開イベントには新たな報酬がある模様。これは公開イベントに足繁く通った身としてはやりがいがある楽しみな言葉です。



Jamesは以前何かの配信で出演した時にあまり喋らないシャイな人なのだと感じましたが、実際に話してみるとシャイではあっても話し方は明るく、彼の方からこちらのTwitterアカウントをフォローしてくれました。JacobはTwitterは殆ど手を付けていないのでPSNのフレンドに!! Danも交えて今度一緒にやれる時に招待すると約束してくれました。その時には配信したいですね~。


Danからはもしシアトルに来ることがあればBungieを案内するよと誘ってもらえたのでこれは是非出張の日程を組まねば。 実は最近シアトルに出張で行ったばかりで暫く用事がないんですよね… また行きたい。 



基本的に3人ともフレンドリー且つ楽しそうにDestinyについて語ってくれるので自分たちの仕事に誇りを持っているのだなと実感出来ました。 どの仕事もそうですが自分の仕事を楽しんでいる人は話すときにも楽しそうに語ってくれます。そんな彼らが作っているのですから鉄の章もまたTTKの時のように楽しませてくれると期待が膨らむ一時でした。

この後、オッサン3人はシアトルへ帰らずディズニーランドへ向かって行きました・・・爆笑
忙しい中、お互い仕事を抜きにして個人的に会ってくれた3人に感謝です。 Thanks Dan, Jacob, and James!! 



なんとも素敵な時間を過ごせたなと充実感を覚えましたがまだまだ興奮は止みません。
この後、最も名の知れた偉大なガーディアンと出会いましたが、それはまた別の記事で。

#Destiny トルンやインターセブター、各メーカー武器の3DデザイナーがBungieを退社

CkHSnsuUYAIMhUC





先週をもって1年目から各種武器や乗り物など様々な3Dデザインを手掛けていたRajeev NattamがBungieを退社したようです。
 
 
RajはTTKが配信される直前によく新武器の3Dモデルを公開してくれたので情報漁りに重宝していました。
彼の作品はこちらから閲覧出来ます。
https://www.artstation.com/artwork/GXqX3 

rajeev-nattam-thorn-01

rajeev-nattam-shrapnel-launcher-02
 


彼が抜けたところでBungieにはまだまだデザイナーがいるので大きな変更はないでしょうが、デザインを公開してくれる人が少なくなったのは残念ですが、きっと彼はより良い所へキャリアアップで進めたのでしょう。
アメリカでは2〜3年勤めたらキャリアアップで移籍というのは一般的な事です。きっとこれからもDestinyに関わる普段陽の目が当たらない方々はどんどん入れ替わっていくのでしょうね。


参照元: Twitter Artstation 

#Destiny ActivisionがDestinyの年末の大型拡張DLCを改めて示唆

svg









一昨日、Activision Blizzardがアナリスト向けの収支報告を行いましたが、その際にDestinyに関する話題に触れたので纏めて翻訳しました。
http://seekingalpha.com/article/3972096-activision-blizzard-atvi-robert-kotick-q1-2016-results-earnings-call-transcript?part=single(閲覧には会員登録必須)

Destiny's loyal passionate community also remains highly engaged. Bungie has released over 40 updates since launch in an effort to continually improve the game which has helped attract new players and keeps them coming back.

The game now has nearly 30 million registered players who have averaged over 100 hours of game time each. In April, Bungie released an update to the game which was well received by players and drove strong reengagement. We also successfully introduced a new loot box future which had a double-digit attach rate. Later this year Activision and Bungie plan to launch a large new expansion for the Destiny Universe which you will hear more about in the coming months.

  • Destinyは発売から40回を超えるアップデートを重ね今も新規が増えている
  • 約3000万人近いユーザーが登録しており平均プレイ時間は100時間を超える
  • 4月の更新はプレイヤー達に好意的に受け止められ活性化している
  • 年末に大型の拡張DLCを予定しており新情報は近々発表される

上記の4月の更新による活性化はTTK配信時のピークに比べてどれくらいのものかという質問に対しActivision BlizzardのCEOのEricが回答

Eric Hirshberg - Chief Executive Officer of Activision, Activision Blizzard, Inc.

Hey, Doug. It's Eric. So Destiny has nearly 30 million registered players now and our April content successfully reengaged the community and was very well received. We think engagement has remained remarkably strong, even after the release of some competitive games in this genre. But it's clear that our fans are hungry for more content than we've been able to create and that passion and loyalty from our fans is something that we don't take for granted, which is why we're working side-by-side with Bungie to make sure that in the future, we're able to deliver a more consistent stream of great content and drive even more engagement.
  • Destinyには約3000万人のプレイヤーが登録しており4月の更新でコミュニティが活性化し好意的に受け止められている
  • 同ジャンルのライバル作が出た後でもコミュニティの活力は驚くべきほど強い
  • 忠実で情熱的なファンがより多くのコンテンツを求めていることは明らかだ
  • 将来的により頻繁に偉大なコンテンツをストリーム配信しコミュニティを活性化出来るように現在Bungieと肩を並べて作業している

近々年末の拡張DLCについて発表されるとしたら来月のE3前後でしょうか。
年末には先程発表されたBF1以外にもFF15、PSVRなどがありますが結局自分はダラダラとDestinyをやっていそうな気がします。
それにしてもengagementの良い日本語訳が思いつかない。

 
参照元:SeekingAlpha 

#Destiny 4月の更新でプライベートマッチは実装しない。クルーシブルは報酬に変化あり?

matchmaking_update_3_3



DeeJが4月の更新ではプライベートマッチは導入しないと明言しました
 
 

明後日の配信では武器バランス、ウォーロックの未来(DeeJはウォーロック至上主義者)、クルーシブルの内容と報酬の変更について語るそうです。
プライベートマッチが無いのは残念ですが報酬の変化が気になるなぁ。


参照元: Twitter
記事検索
最新コメント
こちらから買い物して頂けると記事作成の励みになります
宜しければポチッとお願いします!
Quantcast
  • ライブドアブログ