いーさんのノート:2冊目

アメリカ在住の通称いーさんが洋ゲーネタや日記をまとめるブログ……のつもりが殆どDestiny専門に。昔はアサクリスレで「E3の人」やら「アメリカの人」と呼ばれていました。 名前の由来は同僚とゲーム展示会のE3です。 e3noteの名でEAA!!でも執筆しています。

アサシンクリード

#アサシンクリード 実写版映画の予告動画に日本語字幕を付けてみた

asacre










待ちに待った実写映画版アサシンクリードの予告動画が先ほど公開されたので早速日本語字幕を付けてみました!



翻訳中、一番最後の台詞の「そは我らなり」は日本語だと独特の言い回しがありそうだなと調べてみたらやはり独特でした。
こんなの自分じゃ思いつかない!
原文では”We are Assassins"となっており直訳すると「我らはアサシンだ」 です。
それをああ訳すとはプロの力をみた。


ご存じない方も多いと思いますが中の人はアサクリの超ファンでゲームは毎回のこと小説も買って読んでいます。


参照元: YouTube

#アサシンクリード シンジケート日本版発売直前!クリア済みの自分が体験したプレイ前に知っておきたかった19のポイントまとめました



日本でもアサシンクリードシンジケートが発売されるので、北米版をクリア済みの自分がゲーム中での反省、失敗した点をまとめました。


  • 拠点は常に移動するのでマップ上の位置も変化し続ける

最初は拠点が移動していると気が付かず、いきなり高難易度の真っ赤なエリアの中にあったのでこれには驚かされました。 
ファストトラベル出来るので拠点がどこにいようと問題はありませんがアイコンに気が付くまでが大変でした。


  • ロンドン散策はロープランチャー入手まで我慢

アサクリシリーズの大革命といいますか、リベのフックブレードが進化して帰ってきたといいますか。
ロープランチャーを使うことで縦の移動だけでなく、横の移動もスムーズになります。これは文字では語り尽くせないほどの快適さです。
使用するにはL1を押すだけ、あとは自動で登ってくれます。横、下への移動は任意で操作できます。
シンジケート以後の作品にも削られずにそのまま残して欲しい代物でした。
ロープランチャーは序盤で解禁されるので我慢はほんの少しの間だけです。
もう高所からの移動でイーグルダイブなんて古い! 時代はロープランチャー!


  • 全体的に細かいところの操作性が改善。

ロープランチャーを始め、アサクリシンジケートはシリーズ経験者なら分かる細かい改善点が多いです。
これは一例ですが、今作からは壁から窓へ侵入するときにL1で押すことで入るようになったので、壁を登りたいのに窓に入ってしまったり、逆に窓から入りたいのにうまく入れなかったりという問題が無くなりました。
これには長い間悩まされていたのでグッジョブ!


  • 宝箱は「宝箱からより多くの素材が出るようになる」スキルを解禁するまでなるべく開けるべからず




今回の宝箱はお金だけでなく製作、強化用の素材が出るようになります。この素材が入手方法が限られており、一度に入手できる数も少数なので、あれもこれも強化しようとすると常に素材不足に陥ります。 
なので少しでも入手数が上がるこのスキルを解禁してから宝箱を開けて回ることをオススメします。
ただし鍵付きの宝箱からは特定のアイテムしか出てこないので、解錠スキルを取得してどんどん開けていきましょう。


  • 解錠は早めに覚える

今回の鍵付きの宝箱は幾つかの装備作成に必要な設計図、レア素材が入っておりこれらを早く開けられるようになっておくと製作が捗ります。また、幾つかの鍵付きの扉も開けられるようになるので侵入の選択肢が増えます。


  • 金稼ぎは馬車強盗が解禁されてから始めるべし

序盤の金稼ぎは死体漁り程度しかありませんが、ストーリーを序盤後半まで進めるか、ギャングアップグレードで馬車強盗を解禁すると一気に金稼ぎが捗るようになります。
これは敵の荷馬車を奪い取る or 味方の荷馬車を目的地までエスコートするだけなので、低レベルの状態で高難易度のエリアで馬車強盗をしても簡単にクリア出来て報酬はとてもおいしいです。 お金だけでなく素材も手に入り評価もあがるので一石三鳥です。


  • 強盗で稼いだお金は最優先でギャングアップグレードの一番右につぎ込むべし

稼いだお金で今度は不労所得を得るための投資です。 
これをやるかやらないかでゲームの難易度は劇的に変わります。
一番右の項目が不労所得関連なのでコレにつぎ込めばつぎ込むほどお金稼ぎが楽になります。
序盤では30分待っても5〜600ポンドしか入りませんが、不労所得関連を埋めると1万以上入ってきます。
ギャングアップグレードの右から2番目の項目に不労所得の額を上げる項目もあったよう気がしますので、併用するとより円滑に進むようになります。


  • フライ姉弟の育成方針を早めに決めるべし

エヴィー、ジェイコブ姉弟は経験値を共有し、お互いに同等のスキルポイントが割り振られますが、スキルは共有しません。 二人共同じスキルを取得出来ますが、エヴィーはステルス系、ジェイコブは戦闘系に専用のスキルがあります。
二人は専用ミッション中以外はいつでも入れ替えが可能なので、エヴィーを解錠、侵入メイン。ジェイコブは戦闘、コンボメインに鍛え上げる正当派。
もしくは真逆にエヴィーを戦闘メイン、ジェイコブを侵入メインと言ったプレイスタイルも可能です。
自分はそれぞれを同じ様に育成してしまい、専用ミッションでも同じ動きをして姉弟の個性を殺してしまっていたので別々に特化させる事をオススメします。


  • スキルツリーに惑わされない

多くのスキルは取得するには下位のスキルの習得が要求されますが、中には単独で取得可能なスキルもあります。 自分はスキルツリーは全て上から順番に解禁されていくものと思い込んでおり、ある程度まで進めたところでようやく気が付きました。よく見るとツリーは全てが繋がってはいません。


  • フライ姉弟は武器、ガントレットは共有出来るので強化するとお得

今作は装備の強化に必要な物はお金だけですので、上記の方法で金を溜めた後はどんどん装備を強化していきましょう。 特に武器、ガントレットは共有出来るのでコスパが高いです。 
近接武器はメリケンサック、杖、ククリの3種類がありますが姉弟共にモーションは同じです。


  • 拳銃はLv4用を強化すればあとはいらない

Lv4用の拳銃を強化すると、素のステがLv9〜10用に匹敵するので、それを強化しておけば以後の拳銃用の支出を抑えられます。


  • 序盤で超強い装備を製作出来た? おめでとう! レベル上がるまで装備できないよ!

これが自分が犯した最大のミスでした。
Unityと同じくさっさと強い装備を手に入れて資材を節約しようとLv3の段階でマスターアサシン装備を作成したら手痛いしっぺ返しをくらいました。
装備画面では製作が必須としか書かれていないのに、いざ制作が完了すると今度は必須レベルが表示されます。もっと早く表示しろ! 
 実はよく見ると名前の横にある数字が必須レベルを表しているのですが、序盤ではそんな事を露とも知らず、ほぼ全財産に相当する資材を投げ打った結果のお預けとなり、その後は馬車強盗の存在を見出すまでの長い間は貧乏生活を強いられました。
正直これはUIが不親切じゃないかなと不満を覚えましたのでお気をつけ下さい。


  • 格上の敵には正面から手を出さない

レベル差は顕著に現れます。 ロープランチャー解禁ミッションでイギリス近衛兵が徘徊する場所に侵入するのですが、おぉこいつは強い=金を沢山持っているに違いない! 近衛兵の力みせてもらおうかと殴りかかったら、10秒後にはエヴィーの首の骨を折られました。 決して格上には迂闊に手を出さないと学びました。
なお近衛兵の懐は貧乏でした。


  • 「人質を開放して守れ」というフルシンクロ条件のあるミッションで、人質を開放せずに敵を全滅させてしまうと失敗するので注意

ギャングのルーク等、囚われているNPCを開放せよというフルシンクロ条件のあるミッションがありますが、彼らは開放した後に戦闘に加担してくれるのですが、その戦闘中に死んだらフルシンクロ失敗になることがあります。なのでいっそのこと開放せずに全滅させるとこれまた失敗に。 なので、人質が囚われている地点から最も遠い敵を以外を全滅させてから開放すると安全です。


  • ぶっちゃけフルシンクロに拘る必要はない!

一個前にフルシンクロをし易くするためのヒントを書きましたが、正直フルシンクロに拘る必要はありません。トロフィー/実績もフルシンクロが絡むのはメインストーリーのミッションだけです。 フルシンクロを達成しても増える報酬は雀の涙なので、もし失敗してしまったら気にせず進めてしまっても構いません。


  • おなじみ歴代キャラのコスは今作はBHエツィオ、エドワード、アヴリーン、エリス、シャオ・ユンの服しかない

残念ながらアルタイル、コナー、アルノ、シェイの服はありません。 アルノに至っては前作の主人公でありながら入れられないという不遇。 


  • R3長押ししてもHUD一括非表示は出来ない

Unityと比較して非常に堅実な設計でアサクリ4のような安定さがあるシンジケートですが、Unityで出来たボタン一発でHUD非表示が出来なくなったことで一々オプションを開く必要が出たのでSS撮影がちょっとやり辛くなりました。
非表示に設定しても消えないHUDもあります。
上に貼ったのは自分が撮った中での一番のお気に入りですが、HUD非表示にしてもミッション対象のロゴは写ってしまっています。


  • 現代編は大きな動きがあり。 歴代シリーズ好きなら興奮間違いなし。


現代編がスカッスカだったユニティと違い、シンジケートではしっかりと現代編が描写されています。 ショーンとレベッカは序盤からキャラが変わったかのように立ち回ります。
とある場面ではショーンがデズモンドに対する思いを語るなどファンサービスもバッチリです。 
余談ですが、実はショーンはユニティでもガッツリ出演しています。
日本の方々にはこれを知らない人が多いのですが、理由は簡単。それまでの吹き替え声優と別の人を当てたから。
音声でしか登場しないけれど過去作との繋がりを最も強く訴えかけるキャラクターの声を変えたり、エヴィーを妹にしたりと、どうもUBIのローカライズ担当には疑問符が付いて回ります。


  • Coopは無くなってしまったけれど、代わりに初心に帰った事で過去最高の作りとなったAssassin's Creed Syndicate


実はUnityの作りの酷さ、E3でα版をプレイしたらロープランチャーの移動は鈍くバグも多かった、そして他のUBIゲームのクローズドβが杜撰すぎたりと、UBIへの信用を失っており、初めてアサクリはもう買わないでいいかなと思ってしまっていたのですが、結局買ってみたところ、4までの作りを堅実に改善し、アサクリの楽しさを思い出させる作りでした。
アサシンクリードシンジケートはユニティで折れかけた心をやっぱりアサクリ好きだわと立てなおしてくれる作品でした。

記事検索
最新コメント
こちらから買い物して頂けると記事作成の励みになります
宜しければポチッとお願いします!
Quantcast
  • ライブドアブログ